こんなにあるの?ほうれい線の色々な消し方

ほうれい線を消すには?できてしまって、目立ってしまったのですから



でしょう。ほうれい線の問題というのは、ほうれい線があるということではなくほうれい線が自分の顔にあって、それが原因で老けて見えるということなのです。

もしも顔の中からほうれい線だけが無くなったとしたら、グッと若く見えるのは間違いありません。

若く見られたい!

でも、ほうれい線がそのままで、肌のキメが細かくなってトーンが上がればどうでしょう。

と、こんなことを言えば振り出しに戻ってしまうのてすが、ほうれい線とはそんなところではないでしょうか。

これを消すとなると問題は山積みで、どのルートが一番良いのかを考えましょう。

お肌の曲がり角と言われる25歳では、ほうれい線はあっても悪い目立ち方はしないと思います。

「あれ?」と思うのが30歳に差し掛かった頃ではないかと。

まず、30代前半ならまだ浅いはずです。この浅いけれど厄介なシワを消えたかのようなケアをするには、毎日の保湿をグレードアップさせてほうれい線を反対側に折り曲げるのがオススメです。

これでほうれい線が消えるかと言うと、消えません。「スゴイ立派なほうれい線あるねぇ」という印象からだいぶ遠ざかります。ですが、これは30代前半までのほうれい線をケアする方法です。

一番のケアは反対折り

そこから上となると、個人差はあれど消す方法は本当に手荒な方法になってくるのです。切るとか引っ張るとか入れるとか、そういったレベルです。

私もヒドイ事を言っていますが、これはエステ勤務と自身の色んなほうれい線ケアを経て見た事実なのです。

さらに振り出しにに戻るどころか元も子もない話ですが、ほうれい線を消すというのは、若い頃から表情筋を鍛え上げてコラーゲンの豊富な物を心がけて摂取して日焼けも極力避けているような人でなければならないのです。つまり、



それでも人は笑う時や食べる時、お話しする時に決まった箇所にシワが寄るので完全とは言えません。

ほうれい線を消すのは諦めて、薄くするんだという意識と、進行を遅らせるという意識を持って取りかかりましょう

無理とは言いましたが、薄くしたり進行を遅らせるには意外と結果が出やすいのもほうれい線の特徴です。

ほうれい線を消す努力こそがほうれい線を目立たなくさせる事なのです。存在も構造も深いほうれい線との飽くなき戦いこそが、まさにそれなのです。


ほうれい線の消す方法

ほうれい線を消す具体的な方法は大きく分けて2種類です。

ほうれい線自体を無くす、目立たなくする為に若返る方法かメイクなどでほうれい線を隠す方法です。

ほうれい線が気になるなら今すぐ両面からアプローチしていく必要があります

気軽に自宅で出来るものから道具を使えば誰でも簡単に出来るもの、エステに行かなければなかなか出来ない事や医療行為が必要な方法などほうれい線を消すための方法は山のようにあります

どれをするかと言うよりもどれが出来るか?その出来ることはすべて取り入れたいものです。

お金が掛かってしまって断念、勇気が出なくて断念してしまう事もあると思いますが出来ることは全部やるという意気込みが大事だと思います。

そしてほうれい線の知識についてはしっかり調べて効果的な方法を選ぶ、探す必要があります。



無駄な努力で時間、お金を無駄にしても仕方ありません。ほうれい線を消す為に何をするべきかを知ることが第一歩です。


必見!⇒ ほうれい線を自宅で簡単にとる方法 



歯ブラシを使ったほうれい線の消し方

ほうれい線を消すには、普段の生活の中でしている事から工夫してケア方法に変えていくのが一番です。

ほうれい線の原因は弛みや老化、紫外線とたくさんありますが、どうあれ日々生きているからこそきた老いが大きな原因なのですから、マメな努力と回数が必要なのです。

ダイエットなら階段の上り下りや入浴など様々な所からエクササイズに変えていけますが、ほうれい線はお顔なので日常の中の事といっても限られますね。

歯ブラシを使ったエクササイズでほうれい線の原因である筋肉の弛みを改善していく方法なら簡単かと思います。

エクササイズでほうれい線を深層部からケア

歯ブラシを下に向けて咥えたまま口をキュッと閉じて、そのまま8秒キープします。これは口輪筋という口周りの筋肉を刺激します。

口輪筋が鍛えられることで口元のシワや弛みを改善でき、口角も上がり見た目年齢が上がります。ほうれい線は、垂れ下がった頬だけでなく



ほうれい線と合流するかのように口角が下がり、余計に老けた印象を与えてしまいます。

次に歯ブラシの背で頬の内側と口周辺の内側を優しくなぞります。頬の内側から口周りをゆっくり優しく伸ばすように3セット行いましょう。

これは『舌回しほうれい線』でお馴染みの要領で、咬筋と口輪筋を刺激します。

咬筋は深層筋という深い部分にある筋肉で、鍛えるにも一苦労します。そこを内側から刺激するこというものです。

弛みは肌表面だけでなく奥深くから伝わってきますが、その奥深くをシワができる向きと反対になぞることで緩和しますし、血行も良くなります

お顔にも老廃物は溜まりやすく、筋肉を頬の内側から刺激されると筋力が高まり、重い頬や口元の皮膚にハリを与えて、血流促進を活発にして老廃物を流し、スッキリ軽いお肌へと変えてくれるのです。

あとは歯ブラシを横にして、そのまま噛んだ状態をキープします。この時、顎の力だけでなくお顔全体に力を入れるのですが、こめかみがヒクヒクと動くのが分かるかと思います。

物を噛んでいる時はこめかみの上あたりが動きますね。そこは深層筋の側頭筋といって、咬筋を支える役割を持ちます。

側頭筋が鍛えられると咬筋を引き上げ、頬全体が引き締まります。さらに太い血管があるので、肌のトーンアップやハリに直接働きかけることができます。

そうなれば、もちろんほうれい線は薄くなり、肌の調子も整うのでお顔の印象まで変わってきます。


口元のしわの消し方

口元のしわの消し方を考える前に、口元のしわの原因を考えてみましょう。口元のしわと言っても実はいろいろなタイプがあるのです。

乾燥によるしわの場合は、口の回りのしわは細かいものでいわゆるちりめんじわがほとんどです。このタイプは若い人でも乾燥肌の場合起こることもあります

また表情じわの場合は口元を動かす、笑う、などの表情によって出るしわのことを指します

ものを食べたりしゃべったりするたびに皮膚の形状記憶によってだんだん深くなるしわの1つで、加齢によって起こると言われているタイプです。

表情じわとは逆にあまり表情のない人でも、表情が乏しいと筋肉の動きがないので筋肉老化が起こる場合もあるのです。筋肉が老化すると口の回りもしわが出てきます。

このようにまず自分のしわがどのタイプかを知ると、その原因を解決する方法が選べるわけです。原因によってはまったく違うものもあるので、



そこで乾燥タイプの場合はとにかく乾燥肌を改善することが大切です。特に口の回りもしっかり保湿するようにしましょう。

そして乾燥で口にしわが寄る場合は、他の部分も相当乾燥している可能性があります。顔全体保湿効果のあるケアを心掛けましょう。

次に表情じわの場合は加齢も関係しているので、コラーゲンやビタミンCなどを十分含んだ肌ケアをしていきましょう

美容液のシートパックなどもおすすめです。そして自分の表情の癖があれば直すようにしたいものです。

ほうれい線のたるみの原因

 

 

  

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)