原因が違う?20代のほうれい線予防

私の意見ですが、20代からほうれい線が目立つようでは30代に突入した頃には立派な年寄りに見える程のほうれい線が出来上がります

とは言っても20代で口の脇にシワができても、それを「ほうれい線」もしくは「ほうれい線予備軍」とカウントしてケアをするかどうかで今後の進行具合も変わってきます

お肌の曲がり角といわれる時期を迎えると、慌ててケアをしようにも思いのほか深くシワが癖付き、例え20代と言えど奥底でほうれい線の準備は着々と進んでいて、中にはほうれい線の準備がもう完全に整っていることもあるのです。

20代でコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といった



ほうれい線の原因も様々なものが合わさっていますが、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の減少はとても大きな痛手となり、ある日鏡を見た時に「ほうれい線?」と思しきシワが出ていれば間違いなくそこから進行します

ですが、そこは20代。何事も「今よりもっと」でケアして行けば今後に大きな差が出ます。30代40代(それ以上でも)と違うのが、まだまだ表皮に水分があるというところ。

真皮の減少したコラーゲン、エラスチンで奥から少しずつヨレてシワが癖付こうとも、表皮はまだそのシワを反映させるほど乾ききってはいません。

これが、歳を増すごとに真皮のヨレを反映させ易くなると同時に表皮の水分も足りずセットでほうれい線要因となっていくのです。

むしろ、ほうれい線を形成するために肌が代謝しているような事態です。どうにも止まりません。

20代のうちは、たとえ肌の奥がシワを寄せてしまおうと表面が潤っているから大ごとにはならないし、今よりもっと肌の水分補給をする事でほうれい線の進行が遅れるのです。それにはまず、



合う化粧水とは、洗顔後の肌に何かしら塗れば良いとか、肌がヒリヒリ拒否反応さえ示さなければいいというものではありません。実は、こうした選び方をする人は多いです。



化粧水の後にすぐに美容液ではなく、化粧水を数回塗布しましょう。どんどんハリが失われている中、表面が潤って柔らかいだけでずいぶんほうれい線のつき方は違います

そこにプラスして紫外線予防も強化してください。紫外線はどんどん減少するコラーゲンやエラスチンをさらに破壊してしまうので、20代と言えど油断は禁物です。

そして、日焼け止めも肌がゴワゴワと乾燥しないものを選びましょう。


20代でほうれい線が出る原因

20代といえど、原因が揃えば容赦無くほうれい線は濃く出てきます。

頬のたるみが主な原因だとしても、紫外線対策もせず生活は不規則で体重の変動が著しいとなると20代半ばにして40代のような風貌に変わるのです。

それでも加齢によるほうれい線と違って、まだ肌の深部や細胞は若いため、お手入れや生活改善で随分と薄くなるのも特徴です。

まず、大きな原因は食生活の乱れです。食生活そのものが欧米化しているので、日本人の体質には合わないまではいかないにしろ、欧米化したのもここ数十年の間での劇的な変化でした。

少し前までの日本食に比べると



が挙げられます。

現在の20代の人の中には、むしろ日本人の体質に合った食事方法自体を知らない人さえいます。

日本人特有な適応力があって良いことですが、まだまだ体の深部はその食生活にマッチしていないのでしょう。

DNAが欲しがっている食品を摂取できていないのもありますね。

食べる口にはマッチしても組み込まれたDNAが付いていけず、体内では欲しがっている栄養素が不足し、余分な脂肪分は血液の流れを遅くして、疲れて見た目にも変化が現れます。

ほうれい線の原因は老廃物の詰まりもあり、20代でもほうれい線周辺の筋肉の構造は同じですから血液がサラサラとしていなければ口周りのドーナツ型の筋肉の上に重くなった頬の肉がのし掛かります。

その結果、ほうれい線として表れます。他にも紫外線が若い肌にもほうれい線を作る原因となります。

若い肌はコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸がしっかり肌にハリを与えながら安定しています。

しかし紫外線は肌のバリヤを通過してダメージを与えるのです。

紫外線のダメージは肌の老化を早めると言いますが、先ずはエラスチンとコラーゲンを破壊し、ヒアルロン酸を減少させ目尻の小じわと同時にハリを失った頬がほうれい線を作ります。

そして、姿勢の悪さも若くしてほうれい線へ繋がります。最近ではスマホも大きな原因ですね。誰もピンと姿勢を伸ばして顔を上げてスマホを見ません。大抵は前屈みか、顔を下へ向けます。

長い時間スマホやタブレットを見る事による姿勢の問題は現代病と言っても過言ではないほどで、わざわざ頬のたるみを作るようなものです。

下向き加減の頬の肉は自然と下へ垂れ下がりますからその時間が長いほどほうれい線は濃く、深く刻まれることとなります。

ほうれい線のたるみの原因


20代のほうれい線対策

20代からの丹念なスキンケアで今後のほうれい線の出方が大きく変わります。

根深い問題のほうれい線と言っても肌表面からのスキンケアも非常に大切なのは明確ですね。お肌の曲がり角という時期を含めた20代は、



ほうれい線の構造は非常に深いところから始まりますが肌表面からの水分補給をすることで、奥からのシワ寄せが表れにくくなります

先ずは保湿効果の高いヒアルロン酸配合の化粧水やビタミンC誘導体化粧水、週に何度かはコラーゲンパックをするなど、少し凝った基礎化粧品を使用するのも良いものです。

コラーゲンやヒアルロン酸は肌の内側にある物質で、人工的に作られたものは化粧品なり健康食品なり、はたまた美容整形で体内へ注入するなどして使い道は豊富です。

体内では表皮の下の真皮部分に存在し、外部からの刺激や異物混入から体を守り、肌のハリと弾力を維持する役割を持っています。

それらを基礎化粧品の成分として取り入れることで真皮に到達してコラーゲン、ヒアルロン酸が増す…のではなくコラーゲン、ヒアルロン酸は水分保有量が非常に高いので、塗布した肌表面の保湿をします。

20代の肌は見た目にはまだまだ若くて肌荒れもしにくいとは言え、しっかりと肌の奥ではほうれい線の素はできています

日々進行する筋肉の老化による弛み、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の減少。それらがほうれい線として浮き上がるのを肌表面の水分が防いでくれるのです。

ヒアルロン酸やコラーゲン配合の基礎化粧品は水分を豊富に含んだ状態で優れたキープ力を維持してくれます。

人工的に作られたものであろうと、肌には馴染みが良く、肌の一番上の角質層を通して表皮全体を柔らかく、かつ弾力を与えます

その結果、口角の上に垂れてのし掛かる頬はハリを失わず持ち上がります。保湿された口角周辺の皮膚はシワが付くことなくピンと張り、シワが入る隙を与えません

30代40代となり、バッチリとほうれい線ができてからヒアルロン酸やコラーゲン配合の基礎化粧品に変えても充分効果を発揮するのですから、20代から凝ったスキンケアをすれば最小限に抑えることができるはずです。

若く美しい20代も、目尻のシワやほうれい線をくっきりと付けた30代40代のすぐ直前。



老いなどピンとこないかもしれませんが、凝ったスキンケアをして損はありません。

ほうれい線とヒアルロン酸注射


20代のほうれい線対策・美容液について

20代でもほうれい線ができてしまうことはあり、それによって5歳以上老けて見えてしまいます。20代のほうれい線ケアは乾燥肌ケアでもあると言えそうです。

乾燥肌の人は特にしっかりケアしましょう。ただし加齢のための乾燥肌と違うので、コラーゲンの補充などより、コラーゲンの生成が低下している原因を改善することが大切です。

例えばコーラ-ゲンやセラミドなどの美容成分体内生成は、20代なら十分行われているはずです。

しかしそれが低下しているには理由がありますが、まずホルモンのバランスが乱れているということが考えられます。

もう一つは便秘ではないかということです。便秘がちな体質なら、まず便秘を改善することも大切です。

私が便秘解消させた効果的な改善方法

そして美容液は肌のターンオーバーを回復するような成分が大切になります。特に年齢が若い場合は乾燥肌であってもクリーム系は避け、美容液や美容ジェル系がよいでしょう。

そしてターンオーバーを改善する成分が豊富に含まれているものを選びます。例えばプラセンタエキス配合の美容液や、ビタミンC誘導体など配合の美容液がおすすめです。

オススメのほうれい線対策化粧品

また紫外線による肌の劣化も原因になるので、紫外線対策はしっかり行うようにしましょう。ホルモンバランスが乱れている場合は、生理なども不順になりがちです。

1度病院で相談するのもいいでしょう。便秘改善のためには乳酸菌などを多く摂取することを心掛けてみましょう。またこれらどれもに共通して



このように一般の中高年のほうれい線ケアと20代のほうれい線ケアには、基本的に違うところがあることを知っておきましょう。

あくまでも20代は美容成分の生成が十分できる年齢だということ。中高年になると美容成分生成が減少するということ。この2つの大きな違いによってケアも違ってきます。

共通していることは保湿ケアをするということですが、他の部分では違ったポイントのケアが必要です。

ほうれい線ケアが必要となった時

 

 

  

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)