決断はちょっと待って!最終手段の美容整形手術

ほうれい線を消す最終手段は美容整形手術です。

美容整形手術は個人個人の考え方次第なので、自然に逆らうとか単なる施しにリスクは背負いたくないとか、そういうマイナスで考えなければ極端な言い方ですか、お金と度胸さえあったら何の問題もなく出来るし、やる人だって増えてくるんです

事実、美意識が高く整形手術に関心の深い国では整形は当たり前なようです。ただ、思うのが整形手術って、誰しも気になるものだと。

しよう!と思わなくても、絶対に選ばないけれど選択肢には入っているというポジションではないでしようか。

ほうれい線はケアすると効果は出てくれますが限界があるし長く続きません。やはり、



だと思うのです。

フェイスリフトが効きますね。剥がして引っ張って切るのですから、ほうれい線どころか色んな所に出没する小じわも一気に無くなります。

私自身は整形はしたことは有りませんが、友人のお母様がフェイスリフトをしてました

申し訳ないですが、年寄りくさいほうれい線がありました。

しかし、そこに踏み切るとは何か物凄い心境の変化があったのでしょう。とても顔の印象が変わって、



たかが顔という小さな範囲の話ですが、まるで世界が変わったかのようにハツラツとしていました。

その方と私は年齢もだいぶ違いますが女心は同じで、どれだけその方が術後の顔に満足して嬉しいのかが伝わりました。

麻酔を点滴して意識が朦朧としていく中、やっぱり怖いと中断したかったけれど麻酔が効いてしまい人生が終わったと思ってしまったこと、術後の痛み、不安は壮絶だったと言います。

耳に傷跡があると言っていましたが、私は怖くて見ることができませんでした。

値段は秘密と言っていましたが、病院名を聞いてみると分かりました。

70万。私の思う美容整形手術というのはこのフェイスリフトで、今は安全で手軽なものがあります。



。純金でできた髪の毛ほどの糸を顔に埋め込みます。この純金はコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸生成を活発にします。

美白効果もあるし、肌が若返るので毛穴も閉まるとのこと。この金の糸、長い時間をかけてじっくり若返る感覚でしょうか。

毎日老いが進行する中、毎日コラーゲン活発に生成をして、ハリのあるお顔に向かって行くのです。

効果を実感するのに2~3ヶ月かかり、半年後には本当にほうれい線なんてあったっけ?と思うほどの効果を発揮するそうです。素敵。

ただ、半永久的に残るので異物感は否めないようですし、半永久的に若返るのではないようです。もちろん術後の腫れもあります。

こうして見ると手術はリスクといいますか、何か大きな山を越えなくてはならないものですが、そこを超えてまでしたい!という人の為にあるのですから、本当に最終手段ですね。


ほうれい線の美容整形の値段について

ほうれい線を美容整形で改善しようと思ったときにまず気になるのは、どのような方法があるのか。そしてその料金はどのぐらいなのかということも気になります。

例えばヒアルロン酸などの注射治療であれば、数カ月で効果は消えていきます

つまり数カ月に1回は打ち続けることになるため、やはり値段は大切ではないでしょうか。

そこでまず注射としてヒアルロン酸注入法があります。ほうれい線の部分にヒアルロン酸を注入していくことになります。施術は約10分程度で即効効果が出ます。

その後すぐに化粧をすることもOK。ヒアルロン酸の注入は約6~8カ月かけて体内に吸収されていきます。そのため6カ月程度に1回の注射が理想的です。

ヒアルロン酸の料金はクリニックによって差があるものの、



となっています。アレルギーの心配もあまりなく、すぐに効果が感じられます。

ヒアルロン酸よりずっと長く保つといわれているサーマクールの場合は、18カ月程度かけて体内吸収が行われます。これは高周波治療となりますが、価格は



です。リスクが少なく保ちが良い人気の方法といわれています。

他にもメスを使わず特殊な糸によって、皮下組織をリフトアップするのがスレッドリフトというものです。

皮膚を引き上げるだけでなく糸が皮膚組織を刺激してくれるので、よりリフトアップ効果があります。

施術は5分程度で、あとは保冷剤で冷やすことが必要なのでトータル30分程度かかります。メイクは翌日からOKです。

1年半~2年で糸は完全に吸収されていきます。つまり2年に1回は再施術が必要になります。料金は1本9万円なので、必要な本数分が必要値段となります。

次は本格的なフェイスリフトです。耳の付近の自然なラインを切開して皮膚を引き上げます。

確実にメスを使った手術となります。手術は2時間程度で終わります。10年ほど効果が持続しますが、



となります。1度の手術で10年保つというところはとてもメリットではないでしょうか。ナチュラルな完成度はやはりドクターの技術ということになります。

ほうれい線とヒアルロン酸注射


ほうれい線の美容整形の口コミについて

ほうれい線をしっかりキレイに戻すならやっぱり美容整形ではないでしょうか。そんな美容整形の口コミを見てみたいと思います。

ヒアルロン酸注射での口コミでは、ほとんどの人が満足しているという口コミから失敗は少ないように感じます。

しかし1年に2回程度の注射が必要になるため、



という口コミもあります。

ヒアルロン酸注射より保ちが良いので、サーマクールを行ったという口コミもあります。

ヒアルロン酸注射からサーマクールに切り替えたという人もいるようです。

ただしサーマクールの価格がもう少し安いと使いやすいという口コミもあります。

しかしこちらも失敗の口コミはとても少なく、失敗の口コミの中には施術後1週間程度顔がむくんだという口コミがありました

やはりたまにこのような人がいるようですが、ほとんどは何もなく誰にも気付かれずにキレイになっていくようです

またフェイスリフトでは納得いかないという人の口コミが見られます。引っ張られた感覚が残ってしまったという人や、見た感じが不自然だという口コミもあります。

また手術の後、熱が出た人や、手術の後の医師の対応が悪かったというものもあります。確かにフェイスリフトは



だと言われており、満足できない点が出てくる人もいるようです。

またスレッドリフトは糸でフェイスリフトを行うものですが、思ったようにフェイスアップされていないという不満の口コミや、引っ張られている感覚が消えないという、フェイスリフトにも見られた口コミが見られます。

このように思ったイメージと結果が違ったという場合は、価格も高いので不満も大きくなるようです。

またフェイルリフトの場合は、ずっとその状態が保つということですが、満足できない場合は



というところも、不安があるのかもしれません。

このようにいろいろな不満の口コミがありますが、実はそれよりずっと多くの喜びの口コミがあります

人生が変わったように明るい気持ちになった人や、とても人と会うのが楽しくなった人などもいるようです。

他にも自分に自信が持てるようになったり、恋人や結婚ができたなど嬉しい口コミがたくさんあります。


ほうれい線に脂肪注入をする美容整形について

ほうれい線治療の1つとして自分の脂肪を注入をする方法もあります。

さまざまな方法の中でほうれい線に脂肪注入する方法は、特にトラブルなどあるのか。またほうれい線治療には脂肪注入は最適なのかなど考えてみましょう。

まずほうれい線の治療にはヒアルロン酸注射やサーマクール、リフトアップ、スレッドリフトなどが人気です。

ほうれい線の治療法は、医師がその人のほうれい線の状態を見ながら決めることがほとんどですが、どうしても医師の得意不得意がある場合、得意な方法で行われることもあるようです。

そして脂肪注入を行う医師はあまり多くないのではないでしょうか。

つまりほうれい線のところは筋肉と骨がくっつきやすいところなので、上手にほうれい線に脂肪が入らないと、ほうれい線の横の頬の部分に脂肪が入ってしまうことがあるのです。

それによって、施術前よりもっとほうれい線が深くなることもあります。

その場合はもう少し中央に脂肪を入れ直すことで、修正はできますが決してベストな状態ではありません。

もともとほうれい線は真皮層のコラーゲンが、皮下脂肪を支え切れなくなってできる大きなシワのようなものと言われています。

コラーゲンを強化せずに脂肪を入れることで、ますます皮下脂肪の重さに耐えられず、深いシワとなってしまうのです。

若いうちの細く短いほうれい線の場合は、脂肪を注入する方がヒアルロン酸よりずっと保ちがよいので、行われることも多いようです。

しかし30歳以上でそろそろ加齢によるコラーゲンが弱ってきた状態では、あまり脂肪を注入することは少ないと言われています。

このほうれい線の治療方法の選択ミスや技術的なミスが重なると、整形は失敗ということになりますが、このように満足できない治療を行われてしまう人もいます。

やはり信頼のできる技術を持った医師を選択することも大切です。病院や医師の口コミなどもチェックして、多くの人の意見にも耳を傾けるようにしましょう。

ほうれい線治療の場合は、治療によるメリット・デメリットの説明もしっかり行ってくれる医師であることも大切です。


ほうれい線に最適なプチ整形

プチ整形とは今や造語というよりも、普通に美容整形クリニックのメニュー表に載っているほど。プチ整形と整形の違い



のようです。ほうれい線は誰でも出るし、要するにそのほうれい線が老いを感じさせた時点で厄介なのですから「ほうれい線」だけを取り除いても無駄なのだと考えてしまいます。

ところが血の滲む努力で乾燥、弛み、シミ、キメの荒さを改善できたとしたら、そうも言っていられません。

女性は見られたり、恋愛をしたり、何かとてもやる気が起きた時に凄まじい変貌を遂げます

それは雰囲気だけでなく肌や髪のツヤ、ダイエットもしていないのにボディラインも変わったりするから驚きです。

例えば、みすぼらしいほうれい線がチャーム(?)ポイントの弛みきった老け顔の30代の人が、ある日突然未曾有の出来事でやる気を出して顔全体が輝いたとします。

それを機に華やかなコスメも買い揃えたとします。あとはほうれい線だけが…!となると、プチ整形した方が良いのです。



フェイスリフトをするほど垂れてもいないのですから。これは極端な話で、未曾有の出来事に遭遇しなくても努力の甲斐あって他が問題なくほうれい線だけが問題では、取ってしまわなければもったいないというものでしょう。

今一番人気なプチ整形はヒアルロン酸注射だそうです。

ヒアルロン酸はもともと体内にある物質なので注入後は吸収されて効果としては一年間持つか持たないかということです

ヒアルロン酸は保湿成分が高く、口周りの乾燥が減るという効果も期待できるようです。

同じくコラーゲン注射というものもあり、効果もヒアルロン酸と同じで一年間持つか持たないかといったところです。

コラーゲン注射はリピーターが多いそうで、なんでもほうれい線だけでなくお顔全体がプルプルになる人も多いとの事。

ヒアルロン酸もコラーゲンも歳と共に減少していくので、補充されてお肌も喜ぶのではないでしょうか。

手軽さや安全性はもちろんの事、嬉しい特典まで付いてくると実感される方がいるのでしょう。

他にもアクアジェルという物があり、これは異物になります。

ですが安全性が高く無毒であって半永久的に効果は続行するのだそうです。

「胸にシリコン」という感覚でしょうか。「異物を入れて押し上げて膨らみを出す」といったところです。

歳と共にほうれい線は目立ち方も変わってきます。ムリヤリ半永久的な異物を入れなくても良いのでは?とも思いますが、ほうれい線なんて無くても良いですからね。対処法の考え方も様々です。


ほうれい線の整形での失敗例

美容整形は女性を美しく蘇らせてくれる魔法のようなもの。でもそこには



です。だからこそ簡単に美容整形を考えず、ナチュラルを大切にする人も多いのです。

ほうれい線の整形での失敗例にはさまざまなものがありますが、例えばヒアルロン酸注射をして数日腫れたなどは、失敗というよりあり得る反応というレベルかも知れません。

特にヒアルロン酸は体内に、もともと存在している成分なので安心と言われて行う人も多いはず。しかしほうれい線が逆にぼこぼこになってしまったという人もいます

他にもうまくほうれい線のところにヒアルロン酸が入らず、頬の方に入ったためよりほうれい線が深くなり、ブルドックのようになったという人もいます

またせっかく高額のヒアルロン酸を入れたのに、すぐになくなってしまったという例も。これは体質的に吸収が早かったということになりそうですが、



のことだったわけです。またヒアルロン酸を入れて少したってたら腫れてしまい、痛みと腫れでとても不快な状態が続いた人などもいます。

他にも自分の脂肪を吸引してほうれい線に入れるという脂肪注入も、逆に頬の方に脂肪が入ってしまうとブルドックのようになることも。

適正な方法の選択ミスや技術の不足によってもいろいろなトラブルが起こるようです。

またフェイスリフトを行った人の場合も失敗はいろいろあります。

今はメスを使わずに糸を肌の中に通して引っ張るというタイプが人気ですが、メスを使わなければ失敗はないと思いがち

しかし実際にはどうしても突っ張って痛みが取れないという失敗例や、引きつった感じに仕上がったという失敗例もあります。

普通にしていると分からなくても、笑うと変なところに大きなシワが走るなど、しなきゃ良かったと思うような失敗もたくさんあります

どのような整形手術であっても、自然に逆らったことをするので、どのような結果が出るかわからない部分があるのではないでしょうか。

 

  

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)