質が重要!ワセリンとのいい関係

たまに敏感肌なのに乾燥もひどくて色んな基礎化粧品を試したけれどヒリヒリしてしまうからワセリンだけ…という人、いますね。

ワセリン自体に保湿成分は入っていないのに、その敏感と乾燥を抱えた人も愛用しているとは一体どんな物なのかと思えば、赤ちゃんにも使えるほど刺激と副作用のないものなんですね。

原料は石油とのこと。石油といえば火が付くものなので、赤ん坊の肌にも使えます!と言うには少し無理な気もしますが、その石油を加工する際に出るゼリー状の物質が残り、それを精製したのがワセリンという潤滑油で、ワセリンだけでなく他の化粧品にも使われるようです。

そのワセリン、ほうれい線ケアをすると効果があるとボチボチ話題です。最近はほうれい線ケアが流行っているのか何でもほうれい線ケアに結び付けますね。

しまいにはフレグランス柔軟性やワンちゃんシャンプーもいいと言われるのではないかとさえ思ってしまうのです。

でも、ほうれい線ケアはアンチエイジングの良いバロメーターですよね。結果がすぐに出てくれるし。

肝心の効果はというと、やはり



それと、なんと言ってもワセリンのいいところは、界面活性剤フリーなところ。一般的にクリームは界面活性剤を使用しています。

界面活性剤はバリヤ機能を破壊してしまうので、破壊されそうで危険を察知した角質層はどんどん硬くなって、使い方によっては超高級クリームも肌をゴワゴワさせてしまいます

ほうれい線対策クリーム

その点、ワセリンは角質層を脅かすことはせず表面にとどまるだけなので、化粧水や美容液で充分に潤いを与えた肌に良いフタとなってくれますし、油分は肌を柔らかくしてくれるのでほうれい線にも多大な効果が出てくれるでしょう。

オススメのほうれい線対策化粧品

そのワセリンの油分でほうれい線マッサージという手もあります

いつもの化粧品でほうれい線が深く刻まれた肌をゴシゴシゴシゴシとマッサージしたとして、その化粧品は界面活性剤が入っていて、もしも肌はその時とても敏感な時期だとしたら角質層は瞬く間に硬くなり、潤いもその硬化についていけないまま乾燥までも進んでしまって、より深いほうれい線が出来上がることもあるのです。



界面活性剤が怖いとか防腐剤が怖いとか、あくまでも肌に直接付けても良いとして売っていた物に神経質になる必要はありませんが、ほうれい線のような特別な存在感を放ちながらも外部からの刺激にすこぶる弱いものには、こする時に付ける物には少し注意が必要なのです。

そうした点ではワセリンでのほうれい線マッサージは良いですね。


ほうれい線ワセリンは効果あり?

ワセリンは肌を柔らかくする効果があります。そして粘度が高いので、ほうれい線部分に塗り込んでマッサージすると低刺激のまま肌を柔らかくしてくれます

そしてワセリンに油分が角質層を柔らかくして、ほうれい線はもちろんシワの改善や予防、ニキビにも効果を発揮してくれます。

ワセリンというと石油が原料なので危険なのでは?という意見もありますが、もともとは石油も植物原料でできていますし、ワセリンの製造過程で不純物を極限まで取り除いています。

純度を上げるにはコストがかかるので、安いワセリンは不純物が残っていて日焼けしやすい物もあるそうなので、



ワセリン自体がそう高価な物ではないので、数種類陳列されているうちの高価な物をチョイスすると間違いありません。効果を見れば、アトピー性皮膚炎にも使用している方がいるくらいなので副作用については安心できるといえます。

ただ、ほうれい線にもワセリン、ささくれやヒビ割れにもワセリン、鉄製品のサビにも革製品にも…とあれば、なんだか悪くはないけど良くもないような印象さえ受けます。

つまり、肌を柔らかくするだけ?といったところでしょうか。

たしかに、ほうれい線は角質の硬化も大きな要因で、それを改善させるには生活習慣などの内側からのケアと肌表面の外側からのケアが必要であり、シワ部分を伸ばすマッサージをするにしても摩擦の刺激によって余計に肌が硬くなることもあります。

ほうれい線ケアが必要となった時

ワセリンなら高い粘度が潤滑剤となり、その心配はなさそうです。また、角質ケアにも使えるので基本的な基礎化粧品の後にワセリンを塗ることで、



ということです。

ただ、ここまでなのです。オイリースキンの場合、ワセリンなど化粧下地として塗ったらテカテカになってしまうし、マッサージに使用したら油分でベトベトになるのでクレンジングが必要です。

乾燥肌の場合はクレンジングが乾燥を招くので、いつも仕上げにワセリンというわけにもいかないはず。

総合的にみるとワセリンの効果はそれほど深いものではなく、広く浅く…といったところでしょうか。

肌を柔らかくするにも角質層を柔らかくするので肌水分を上げるのとは違いますし肌への栄養素も含まれていません。

よって、毎日手離せないほどでもなく、たまに使って一時の効果を実感する商品であり、肌にも革製品にも鉄製品にも使えて用途が広いから無駄にもなりませんね。

 

 

  

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)