なぜ弛む!?ほうれい線のたるみの原因

ほうれい線は肌のたるみが、表情シワのところに大きくできてしまうものです。

もともと表情シワは年月とともにほうれい線として変化していきますが、そこにたるみが加わることでほうれい線は単なるシワではなく、



それが年齢をより感じさせ、またほうれい線がたるんでくると顔自体が厚ぼったいイメージになり、ブルドッグにさえ見えてきます。

このようにほうれい線のたるみを予防するためには、その原因を知ることが大切ではないでしょうか。

まずほうれい線がたるむ原因は



特に皮膚細胞下の方には真皮層があり、コラーゲンが網の目のように張り詰められています。

しかし加齢とともにコラーゲンの体内生成が落ちてくると、コラーゲンの網も粗くなってだんだん緩んしまうことに。

そこには他の美容成分もさまざま存在していますが、どれも加齢によって生成が低下し全体に美容成分が減っていくのです。

そのためその上の層にある皮下脂肪の重さを支えることができなくなり、表情シワがよりくぼみ、ほうれい線が深くなっていきます。

コラーゲンなどがどんどん低下すればするほどシワはたるみとなり、深い溝だけでなく頬自体が垂れてしまいます。

もちろん加齢だけでなく、老化の原因には紫外線による老化肌も起こります。紫外線によって肌細胞が傷付けられ、それによって乾燥肌の悪化も。

もともと美容成分の生成低下によって、潤いがなくなるため乾燥肌はよりひどくなり、たるみやシワも目立つようになります

この状態が続けばほうれい線はどんどん深く、たるんでいく原因にもなってしまうのです。

また無理なダイエットを行うことで皮膚がたるむこともあります。無理なダイエットで肌に影響がきやすいのは、過度なカロリーコントロールによる栄養不足です。

栄養不足は肌に栄養がとどきにくく、ガサガサの荒れた肌になっていきます。また過度な運動も皮膚の張りをなくし、たるむ原因になることもあるので注意しましょう。

ほうれい線の仕組みと簡単なケア


ほうれい線の原因、紫外線

ほうれい線を忌み嫌わない時間というのがとても少ないことから、人は気付けばほうれい線の原因を探り、ケアし始めるのです。

先ずは「ほうれい線!」と分かるには、顔表面の問題が一番大きいです。

本来は加齢と筋肉と骨格という奥の問題なのですが、悪い目立ち方をしている今から出来るケアをするのも非常にいい事です。

紫外線が肌に悪い事は明確ですが、ほうれい線との関係もとても深いものなのです。紫外線が肌に与えるダメージは肌の表面はもちろん、



真皮は、コラーゲンやエラスティン、ヒアルロン酸といった肌のハリの基盤となる場所ですが、紫外線はこれらを破壊してしまいます。

ほうれい線とヒアルロン酸注射

このコラーゲンらを置く真皮の上にある、紫外線を跳ね返すメラノサイト細胞はメラニン色素を生み出していくという仕組みなのですが、メラニン色素がが少ない状態では紫外線を思うように跳ね返す事ができません。

普段の出ている量の紫外線は、平均的な肌の黒さでは跳ね返せないのが現実です。

私達は日々、とても強烈な紫外線の中であらゆる対策をとってケアしていますが、これも100%とは言えません。

つまり、生まれた時からほうれい線やシミやハリの減少に向かっているのです。

しかし紫外線予防と保湿で、限界はありますが今からでも何とかほうれい線の進行は減少できます

日焼け止めは必須であり、その下の保湿と日焼け止めが崩れないように入念な下地作り、紫外線の強い時期には一度昼間にメイク落としをして保湿と下地作りからやり直すと良いでしょう。

面倒な作業ですが、



入念な対策をしたお顔は、ほうれい線が与える印象や存在感の変わり方に、驚くほど効果をもたらしてくれます

美白とUVケアの美容液、クリーム
https://www.uvcarestain.com/multicosmetics.html


顔の筋肉とほうれい線

ほうれい線は口周りの筋肉だけでなく、極端に言ってしまえば肩から上全体の筋肉の衰えが関係しています。

肩と首も筋力が低下すれば頭はうつむき気味になり、顔の皮膚は前へ垂れるのです。

筋肉は血液から栄養を運び、リンパの流れも促すポンプの役割も果たします。

したがって筋肉の衰えはハリのない肌とくすんだ顔色に繋がり、ほうれい線をさらに老け顔要因とさせるのです。

ほうれい線の在り方を大きく左右するケアをするには



ほうれい線はシワ。シワと言っても、ほうれい線は様々な要素が折り重なった物なのです。ほうれい線を伸ばすには上にある物全部を張った状態にしなければなりません

それには表情筋と深層筋とある頭部の筋肉のうち、深層筋のひとつである側頭筋という、耳の上でこめかみの部分にある筋肉を鍛える事から始めます。

指で優しく回すようにマッサージしても良いですし、頭のてっぺんに向かって引き上げるのも良いです。筋肉を使うことを意識して目を力強く動かすのも効果的です。

ほうれい線は笑いジワとも言いますが、笑う事が悪い訳ではありません。表情を豊かに動かす事は筋肉への良い刺激ですし、シワが寄るからと言って笑わないのも良くありません。

そしてもうひとつが咬筋といって、頬の内側にある筋肉も動かします。この咬筋も深層筋のひとつです。

口周りや頬の表情筋を支えるところで、物を噛む時に使うので柔らかい物を好む人はこの筋肉が発達していません。

頬の下部分に位置し、奥歯を噛み締めた時に少し盛り上がる箇所です。ここも側頭筋と同じように意識して動かしたり引き上げたりクルクルとマッサージします。

こういった



ほうれい線が薄くなるというよりは、ほうれい線にのしかかるものを引き上げるという目的です。ほうれい線が目立つ、老けた印象を与えるというのは衰えです。

同様に衰えというのは筋肉の衰えから来る基礎代謝の低下なのです。筋肉を鍛えずにほうれい線ケアはできません


疲れやストレスの影響は?

疲れやストレスもほうれい線には大きく影響を与えると言われています。そのため疲れをためないことや、ストレスを解消することはとても重要なのです。

まず疲れると疲労物質が大量に分泌します。疲労物質は老廃物となってリンパ液によって回収され、排出されることになります。

しかし代謝が低下することでリンパに老廃物がたまるようになってしまい、体のさまざまなところにむくみが発生してしまうのです。

顔にむくみが発生することで、ほうれい線は深くなります。そしてだんだん頬のたるみも目立つようになり、ほうれい線がより深く目立つようになってしまうのです。

またストレスは自律神経のバランスの乱れにつながります。それによって体温調整がうまくできなくなると冷え症になっていきます。

体が冷えていくと内臓も冷え、代謝全体が低下。それによって肌細胞の代謝も低下し乾燥肌になり、皮膚表面が硬くなりシワやほうれい線が目立つようになることもあるのです。

そして自律神経のバランスが乱れることで連動してホルモンバランスも乱れ、それによってコラーゲンなどの生成もどんどん低下します。

肌のハリの土台とも言われているコラーゲンが減少することで、よりほうれい線は深く沈んでしまうということになるのです。

このように疲れやストレスはほうれい線に大きく影響を与えるため、できるだけ疲れはためないように睡眠をしっかりとるなど生活習慣を整えるようにしましょう。

またストレスは受けないようにしたくても、自分でコントロールすることはなかなか難しいこともあります。

そこで受けたストレスを上手に解消するように自分なりの解消法を探しましょう。

例えば好きなアロマオイルを数滴垂らしたアロマ風呂でゆっくりするなどおすすめです。また自分の好きな趣味などに没頭する時間をつくるなどもストレス解消になります。


表情とほうれい線

ほうれい線やシワができるから、できるだけ笑わないという人がいます。確かに笑うと笑い皺が寄るのは仕方のないことです。

かといって無表情でいることは逆に表情筋のたるみの原因にもなってしまいます。笑うことで表情筋が鍛えられますが、人によって使う表情筋はだいたい決まっています。

いわゆるいつも同じ笑い方をしてしまうことがほとんどなのです。

それでは確かに笑い皺が定着してしまったり、いつも使っていない表情筋はいつまでも使えないことになってしまいます。

そのためほうれい線予防のための変顔エクササイズがあるほどです。

変顔エクササイズはいつも使わない表情筋を使用することで、バランスよくシワやほうれい線が予防できます。

たるみ対策は最大の予防

また表情筋は気になる部分だけを鍛えればいいということではありません。顔中に20種類以上あるといわれている表情筋はさまざまな方向から顔を引っ張っています。

しかしどこかがゆるんだり凝ったりすると、まるでドミノ倒しのように、どんどんその変化が他の表情筋に影響を与えていくのです。

そのため目付近の眼輪筋が目の疲れによって凝ってしまうと、口付近の口輪筋の凝りとして影響を与えてしまうのです。このように表情筋はすべて関連していると考えることができます。

そのため日常使いづらい表情筋の緩みなどは、全体のたるみにつながってしまうのです。

また笑い皺を気にしていなくても、性格的に無表情の人もほうれい線やたるみに注意しなければなりません。

毎日人としゃべるということは素晴らしいエクササイズでもあるのです。

そのためできるだけ豊かな表情を作る意識、人としゃべる意識、そして使わない表情筋を使用するという意識をバランスよく持つことがとても重要になります。

しかしやみくもに変顔をすると逆効果になってしまうこともあるので、きちんと理論に基づいた変顔エクササイズを行うようにしましょう

それと同時にしゃべるときも口をしっかりと開けて、言葉の1つひとつをはっきりとゆっくり話すようにすると、より表情筋を使うことができます。

エクササイズでほうれい線を深層部からケア


目とほうれい線の関係

目の疲れがほうれい線と深く関わっているということをご存知でしょうか。

目の回りにある眼輪筋と口の周辺に位置している口輪筋は直接ではないものの、いくつかの筋肉によってつながっているのです。

そのためほうれい線エクササイズには舌と目を動かして周囲の筋肉をほぐす方法もあるほど。

目が疲れると目の回りの筋肉が緊張して硬くなります。それによって口の周りの口輪筋も収縮してしまいます。

このようなことがしょっちゅう続くことでほうれい線ができやすい状態になってしまうのです。

特に長い時間の自動車の運転やパソコン使用などによる目の疲れは、現代ならではの特徴的な症状ではないでしょうか。

そのため30分に1回は目のエクササイズを行ったり、遠くの青空などを見るなど目をリラックスさせてあげるようにしましょう。

また事務仕事などでパソコンをずっと使用する場合は、お昼休みなどに目を温めて休めてあげるなど意識しましょう。

また目の筋トレを毎日行うと、眼輪筋が鍛えられまぶたのたるみが解消し、それと同時に口輪筋への悪影響もなくなります。


姿勢がほうれい線に影響を与えるのか?

ほうれい線の原因はさまざまありますが、大きな原因にたるみというものがあります。

たるみは紫外線、加齢、乾燥などが原因で肌の弾力が低下してたるむ原因になることもあるのです。

また噛み合わせが悪かったり、姿勢が曲がっている、表情が豊かでないなどのことから、表情筋が緩んで顔がたるむ場合もあります。

他にも頬などの皮下脂肪が増えてしまったり、むくみなどによって、その重さでたるむということも考えられます。特に現代人に多いのが姿勢の悪さです。

最近はスマホなどを見る時間が多く、通勤中でも休憩中でも歩いていてもスマホ中毒かと思えるような人も増えています。

スマホなどはつい顔を前に出し、顎を上げ、猫背になった状態で見続けることが多くなり、だんだん体の中心線がずれていきます

それによって顔の歪みによる噛み合わせのトラブルなどにもつながり、バランスの悪い表情筋の使い方や、顔全体のバランスが崩れほうれい線自体もバランスが悪くなってしまうことにもつながります。

背骨が曲がると体の中心がズレ、自分でも分からないうちにほうれい線をつくり出してしまうことにもなるのです。

そのため長時間のスマホなどを避け、姿勢を意識して使用するようにしましょう。

また長時間座っている仕事などの場合は、骨盤を正しい位置にするサポートグッズなどを使用するのもおすすめです。

グッズを用いたほうれい線対策

他にも背中を真っ直ぐにするサポート付きの下着の使用など、毎日の姿勢を良くするように心掛けましょう。


ほうれい線は歯の影響を受けている?

ほうれい線の代表的な原因は肌細胞内のコラーゲンなどの減少と、表情筋のたるみなどと言われています。

歯のトラブルはこの2大原因に結びついてしまうことから、ほうれい線へ悪影響を与えてしまうのです。

まず歯のトラブルには虫歯や歯槽膿漏、噛み合わせ、歯並びなどがあります。

例えば虫歯や歯槽膿漏は痛みや歯のぐらつきなどによって、その歯をあまり使わないようにするため片方ばかり偏って食べるといったことになり、よく噛まない原因にもなってしまうのです。

また歯並びや噛み合わせに問題がある場合もやはり偏った食べ方になってしまうことが多くなり、同じように咀嚼回数も少なくなりがちです。

このようなことから肌の老化や表情筋のたるみにつながってしまうと考えられます。

歯のトラブルによって同じところばかりで咀嚼をしてしまう傾向がありますが、それによって2つの大きな問題があります。

まず1つは表情筋の使う部分が少なくなること。同じところでばかり噛んでいるので表情筋はそこばかり使用されて、使われる部分が狭くなるため表情筋がゆるみやすくなります。

そしてもう一つは顎の関節にズレが生じ、顔全体が歪んでいきます。それによってほうれい線が片側だけ深く出てしまったり目立ってしまうこともあるのです。

次に虫歯や歯槽膿漏などは歯や歯茎の痛みや違和感などによって、しっかり咀嚼することができず飲み込むことが多くなる可能性があります。それによって幾つかの問題点が生じることになるのです。

例えばよく噛まないことで満腹中枢の刺激が少なく、食べ過ぎてしまうということ。それによって肥満のリスクも高く、頬などの皮下脂肪が増えれば頬のたるみからほうれい線にもつながります。

またわたしたちは咀嚼することで表情筋を動かし鍛えていますが、それが咀嚼が低下してしまうと表情筋力の低下につながるのです。

また咀嚼が少ないことで消化が悪くなり、それによって肌にも悪影響を与えてしまいます

このように歯のトラブルは、ほうれい線の主な2大原因に直結してしまうというリスクが高く、ほうれい線につながってしまいます。


歯はほうれい線に影響する

噛み合わせが悪いと、顔の骨格自体がずれたり曲がってくると言われます。

医師による噛み合わせ検査では、上下の歯でしっかり食いしばりができるかなどのチェックをするので、気になったら早めに治療することも大切です。

放っておくと笑ったときにも自然に口が曲がり、口角が上がった方のほうれい線だけが深くなってしまうこともあります

親知らずや八重歯が、ほうれい線の原因になることもあるので抜歯する必要がある場合も

また虫歯の治療や歯列矯正を行ったり、セラミックを被せて矯正をする場合もあります。

セラミックを被せる場合は神経のある健康な歯に被せる方法で、前歯などは白い歯のために行う人もいますが、噛み合わせの矯正にも行われています

ほうれい線がはっきり出てくる年齢になると、肌の弾力やハリも低下し、ほうれい線が出やすくなりますが、この時期に虫歯や歯槽膿漏などによって、歯の状態が悪くなる人も多くなります

また加齢によって歯茎が落ちてくるため、今まで被せていた差し歯や入れ歯などが合わなくなってしまうことも。

このように歯の状態が悪くなると、顔全体のズレが起こり、バランスの悪いほうれい線をつくり出してしまい、より目立つようになってしまうのです。


咀嚼の仕方でほうれい線が変わる

咀嚼とほうれい線の関係をさぐるには、まず口の周りに付いた脂肪について考えてみましょう。

口の周りに脂肪が付くと、その重さに耐えられなくなってほうれい線ができてしまいます。

体の脂肪なら運動などで落とすことができますが、顔の運動と言えばやはりまず噛むという行動です。

毎日3回食事のたびに噛むという行為こそ、頬や顔の皮下脂肪を落とすための重要な運動となります。

そのためよく噛むことは、よく運動をすることであり、皮下脂肪だけでなくむくみなどの解消のためにも重要なことなのです。

もちろん噛むことで表情筋を鍛えることにもなり、その面からもほうれい線予防に咀嚼は欠かせません

他にもよく噛むことによっていろいろなメリットがあります。まず咀嚼によって唾液が出ますが、唾液内には若返るホルモンと言われているバロチンが豊富に分泌されます

このバロチンホルモンは新陳代謝を高め若返る効果があると言われており、このバロチンを増やすためには1口30回以上噛むことが必要だと言われています。

そのため肌の若返りのためにもしっかり咀嚼して食べることがおすすめなのです。

また多く咀嚼するとEGF成長因子も増えると言われています。表皮細胞成長因子というもので、表皮幹細胞に表皮細胞を増やす命令を送る物質で、肌のターンオーバーを整えます。

さらに咀嚼によって免疫細胞が増えると言われており、噛めば噛むほど元気になれるということなのです。元気であることは若々しさにもつながります。

他にも噛むほどに満腹中枢が刺激されるため食べ過ぎを防ぐことができ、顔の皮下脂肪予防にもなるのです。

このように噛むことにはいろいろなメリットがありますが、どれもほうれい線予防につながると言えます。

しかしここで何回も咀嚼をしたいけどなかなかできない理由に、虫歯、歯槽膿漏、噛み合わせの問題があります

これらのトラブルがあると食べやすい側で噛もうとするので、バランスよく噛めないことや、回数をしっかり噛めないのです。

それを続けてしまうと顔に歪みが出たり、顎のズレなどが起こり、ほうれい線も片方だけ強く出てしまったりします

そのためよく噛むためには歯のお手入れ、調整なども重要になってくるのです。


ほうれい線の山ほどある原因

ほうれい線の原因とは一人一人同じようで微妙に違います。肌水分、好きな食べ物、睡眠時間、悩み、寝方、ストレス、毎日の姿勢。例を上げたらキリがありません。

理由はたくさんあるけれど、改善方法が一つ二つであっても応えてくれるのが救いですね。

中でも一番の原因は、やはり加齢と結びつくものです。コラーゲンの減少にしろ乾燥にしろ、老いの上で成り立つのではないでしょうか。

ほうれい線をよく見ると、とても根深く立派なシワです。ギュッとひっぱっても薄っすらと見えますし、消すことのできないものなので、これは肌の奥からしっかりと折り目の癖がついているからです。

そうは言っても、肌が若々しく弾力を失っていなければ癖もつかないのです。この弾力は肌全体を指していますが、おもに真皮部分のコラーゲンやエラスチン、そしてその上の基底層です。

まず、真皮部分のボリュームがなくなると表皮部分の一番下にある基底層がポッキリと折り目を作り、そこから上は折れた作りに従って出来上がり、見た目にも分かるシワとなります。

真皮は基底層から角質層までの表皮を支えていますが、そこが脆くなればほうれい線は深くなる一方です。さらにそこから進行を進ませるのが乾燥です。

ほうれい線と肌水分は弾力と同じように関係が深く、ほぼセットと言っても過言ではありません。

加齢によってコラーゲンやエラスチンが減少しても肌水分が多ければシワがつくのを水分がガードしてくれるしほうれい線も目立ちません。

乾燥していてもコラーゲンやエラスチンがしっかりと基盤を支えていて弾力があれば、ほうれい線のシワは奥深くまで達しません。

しかし、そのどちらかで済む人というのは若い人だけなのです。もっと言えば、若い人はほうれい線があろうと年寄りくさい印象など与えず、笑いジワで済みますからね。

むしろ、親しみやすい印象を与えてきます。もう、加齢そのものを原因とした方が簡単とも言えます。

ほうれい線を年寄りくさく演出する顔、そんな顔になった月日の流れが原因なのです!しかし、そんな



から、ほうれい線も鬼ではありません。

例えば今まで日焼け対策を怠っていたならそれなりのほうれい線があるわけですし、今まで紫外線を浴びていたぶんを肌の内側と外側から補おうと実行に移すと、ほうれい線に変化が現れてきます。

ほうれい線の原因は月日の流れそのものですが、消せないにしろ状態を変える事は出来るのです。

紫外線対策を徹底するために


若くしてほうれい線がある人の原因について考える

ほうれい線はほとんど40歳すぎてからだんだん目立つようになり、50代、60代でどんどん深くなっていきます。

もちろんこれも平均的な話であり、早い人では10代~20代でもほうれい線がある人もいるのです。そこで若くしてほうれい線がある人の原因について考えてみましょう。

若くしてほうれい線が出てしまうと、老けた感じになってしまうこともあります。そのためその原因を知って、改善していくようにしましょう。

特に10代でもほうれい線ができる人もいますが、この場合は肌の老化や筋肉のたるみということはあまり考えにくく、やはり考えられるのが



骨格ということはある意味、遺伝ということになります。この場合はほうれい線周辺の筋肉を鍛えるエクササイズを、日常的に行うことが大切です。

多分10代~20代でほうれい線が出きている場合は、まだまだその人のチャームポイント的な部分でもあるはず。その状態以上にほうれい線を深く大きくしないことが大切なのです。

そのためにも筋肉を鍛えるエクササイズを毎日、日常的に行うことを身に付けましょう。

同年齢のみんなが同じようにほうれい線が目立つようになる頃には、その人たちより筋肉が鍛えられているため、ずっと目立たなくなるはずです

10代、20代のほうれい線は、肌も若々しいため、老け顔に直結しません

そのため気にすることはありませんが、骨格にその原因があるなら年齢が高くなったときのケアのために今から少し頑張るようにしましょう。

また肌の状態が悪化するとほうれい線が目立つことがあります。若くてもほうれい線が出る部分はシワが寄りやすい部分です。

肌荒れがひどく、乾燥しているとその部分にシワが目立ちほうれい線のように見えてしまう場合もあります。そのため肌保湿はしっかりケアすることを考えましょう。

若いうちから表情筋のトレーニングとスキンケアをしっかりしておけば、きっと美しい中高年を迎えることができるはずです。 

20代のほうれい線予防

 

 

  

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)