プチ整形の効果はプチ?ほうれい線とヒアルロン酸注射

よくシワにはボトックス、ヒアルロン酸、コラーゲンといった注射によるシワ伸ばしの方法を聞きます。お肌の窪んだ部分を膨らますための場合と、シワ自体作らない、麻痺させる場合のものがあります

窪んだ部分を膨らますためののもですが、時間が経つと体内に吸収されていく物質です。コラーゲンやヒアルロン酸はもともと体内に有るものですが注射する物は違い、異物になります。

しかしヒアルロン酸注射はほうれい線ケアでよく選ばれる方法です。メスを使わない注射のみという簡単な治療で済むことから、



効果としては「触ると何かが入っているのが分かる」という程度で、たまに頬を膨らました時に浮き上がって見える…など聞きますが、あまり支障はないようです。

普通に会話して大笑いした時、怒った時という大きな表情の動きがあっても分かりません。

やはり、ほうれい線が消えた顔というのはとても若々しく、素晴らしい仕上がりをみせますが、その注射した物質が体内に吸収されて注射前の状態に戻るまでが個人差はあれど



のだそうです。そして吸収しやすい箇所、しにくい箇所があって、ほうれい線部分は吸収しやすい箇所ということです。ですので注射し続けなければほうれい線は元に戻ってしまいます

注射が痛かった、持ちが悪かった、失敗したなど良かったと思う人もいれば後悔したという人もいて、トータル的には半々の数だそうです。

ヒアルロン酸注射は失敗すれば目立たない限り吸収されてしまうのを待つ、ヒアルロン酸を溶かす注射をするなどで、もしもの時の対応が割と簡単なのも良い点です。

一度ヒアルロン酸注射でほうれい線が消えた若返った顔を見て、元に戻ったら次は長続きする方法を試す方もいるそうです

最終手段の美容整形手術


ほうれい線とリフトアップ

ほうれい線もおでこのシワも目尻のシワも、そのシワだけを伸ばしても「若返った顔」ということではありません。シワは老化現象であって、とても広範囲のものなのです。

保湿や表情、健康に気を付けても日々進行するほうれい線は「食い止める」ということは無理であり、大幅に進行を遅らせたり、ほとんど目立たなくなるまで薄くするには美容整形手術しかないのです。

例えば、手でほうれい線を引っ張ってみて、まるで若い頃のようにほうれい線が消えていたとします。その手を離せばまたほうれい線が出る。

その、手で押さえて引っ張った状態にして形成するのが



少し前まではフェイスリフトをした人は不自然に顔が引きつっていたり、手術跡が残ったりとリスクはありましたが、現在は進歩して手術跡も小さくリスクも昔よりは軽減されたようですし、アフターケアに対してとても慎重な病院がほとんどです。

フェイスリフトの良い点は、誰が見ても若返ったと分かるほどの効果。お肌も引き上げられてほうれい線に乗っかった弛んだ頬全体がピンと伸びて小ジワも広がった毛穴も伸びるのです。

ほうれい線そのものどころか、「ほうれい線が目立つ老け顔」という印象は消え、フェイスラインもすっきりします。

このリフト手術は耳元へ引っ張るものもあれば、こめかみ、ひたい、頭部、首へもできます。

自身のほうれい線に適した方向をカウンセリングして手術しますが、ほうれい線の場合は耳元を切開するのが多いとのことです。

それでも、術後からほうれい線は進行しますが引き上げた後からの進行なので差は歴然です。

しかし、切るからには外科手術となるので腫れや痛み、手術跡がどうしても残ります。相当な決意ときっかけがあってこその手段ともいえます。


ほうれい線を注射で消す方法

ほうれい線を消す注射としてボトックス注射があります。気になったところの筋肉にボトックスを、チョンチョンチョンと注射していきます。

少しのボトックスを数か所入れていきます。そして表情の癖によってできたほうれい線をきれいに消してくれます。ボトックスは



で、筋肉を麻痺させることで表情の癖を消すという方法です。

施術は1本の注射に5分程度かかりますが、数本使うので1回数十分という時間がかかると考えておきましょう。そして4カ月から1年程度で効果はなくなります

しかし、ボトックスは小顔効果もあり、ほうれい線が消えるとともに、顔が締ってアップします。

そのためほうれい線にボトックスを入れただけで鼻から下が全体にアップ効果が見られるのも嬉しいところです。

また細かいシワが集まっているような部分はヒアルロン酸を少しずつシワに埋め込んでいくより、その部分全体の筋肉に働きかけるボトックスの方が向いていることもあるようです。

さて次は、今ほうれい線を消す方法で一番多く行われているのがヒアルロン酸注射です。加齢による皮膚のたるみやほうれい線に注射すると、すぐにシワが消えてくれます

ボトックスのように筋肉そのものに影響を与えるものではなく、簡単に言えば溝にヒアルロン酸を入れて平にするというものです。

そのためシワの深さによって、ヒアルロン酸の使う量も相当違ってきます。ヒアルロン酸注射はほうれい線にとても向いていると言われています。

もともとヒアルロン酸は皮膚や関節に存在している成分です。わたしたちは体の中でヒアルロン酸を生成しますが、年齢とともに生成が減るため肌の潤いがなくなります

またヒアルロン酸注射に使うヒアルロン酸は、非動物由来の合成ヒアルロン酸なので、特にアレルギーも起こりにくいと言われています。

もともと関節痛治療にも使われていたもので安全性も確認されています。施術ではほうれい線に約0.8ml以上を使うため、施術時間は15分程度かかります。

施術後はすぐにメイクもOK、運動も入浴もOKです。次第に体に吸収されていくので6カ月~1年程度保つと言われています。


ほうれい線を消すためのヒアルロン酸の量

ほうれい線を消すためには、いろいろな方法がありますが、その中でもメスを使わない方法で人気があるのがヒアルロン酸です。

ヒアルロン酸を注射でほうれい線に入れていくことで、いわゆるしわを埋めていくことになります。

そして、そのしわの深さや長さには個人差が有り、ヒアルロン酸使用量は一体何cc必要になるかも個人差によって違ってくるわけです。

クリニックによっては使ったヒアルロン酸の量によって価格が違ってくるところもあります。

その辺のところを知っておかないと、今後半年~1年に1回は打ち続けないと効果が続かないヒアルロン酸を使用しにくいのではないでしょうか。

金銭的に余裕のあるときはほうれい線を消すことができても、余裕がなくなったら急激に増えてしまうというのも悲惨です。

そのためにどのぐらいの量が必要なのかということも知っておきましょう。しかしほうれい線の場合個人差があるので、



そこで年齢別に平均的な量をご紹介してみましょう。大体20代の人の場合は1㏄以下4~6万円、30代の場合は1~2㏄程度で4~12万程度。

40代の場合は2㏄程度、価格は約8~12万程度。50代、60代になると2~4㏄程度で価格は8~24万程度。もちろん50代でも1㏄以下の人もいますし、4㏄以上の人もいます。



また若いうちにヒアルロン酸の施術を受けておくと、ほうれい線が深くなりにくいという予防効果があります

とはいってもはやり1回使用すると、ほうれい線がないことに慣れてしまうので、半年~1年に1回の施術は欠かせなくなることも多いようです。そのため1㏄の価格が4~8万程度なので、



またクリニックによって0.1cc単位で利用できるところが多いようですが、実際ヒアルロン酸は1本1㏄となっています。

以前は0.5ccしか使わなくても1本分購入することが必要でしたが、最近では小分け計算での料金が多いとのこと。


ヒアルロン酸注射は思ったより安い価格

ほうれい線が気になっている人にとって、最近はメイクやマッサージでのほうれい線対策の他に、ヒアルルロン酸注射という方法も一般的になってきました。

いわゆる整形の1つですが、メスを使わないでできる整形ということになります。当然メイクやマッサージでほうれい線をめだたなくするより、確実にほうれい線を消すことができます

同じ整形での方法としてボトックス注射による方法もありますが、



しかしそんなに便利な方法があるのに、なぜヒアルロン酸注射をしない人も多いのでしょう。その中には価格の問題もあります。

やはり無保険診なので、どうしても施術の値段が気になっている人も多いようです。またヒアルロン酸は1回施術しても



ので、半年~1年に1回はヒアルロン酸注射を打ち続けることになります。そのようなことから価格的な面や安全性が気になる人も多いとのこと。

やはりナチュラルな状態で、できるだけ老化を遅らせる方法の方が、自然でいいと考える人も多いようです。また失敗を不安視している人もいます。

どんな施術でも失敗がないことはありません。そのため整形のような不自然なことを避けたいと思っている人もまだまだいるようです。

しかし一番のネックはやはり値段ではないでしょうか。ヒアルロン酸はほうれい線の深さによって使う量が違うので価格には個人差があります。

大体使うヒアルロン酸の量と比例することが多いので、20代で4~6万、30代で4~12万円、40代で8~12万円、50代、60代になると8~24万円程度となります。

激安のクリニックもありますが、それに釣られてしまって、技術の悪い医師に当らないようにすべきでしょう。

やはり医師を選ぶ、病院を選ぶことは基本ですので、その上でできるだけ安いところを選びたいものです。

料金については初回半額や初回割引きをやっているクリニックも多く、2回目からの料金をチェックして半年~1年ごとに続けられるかを考えましょう


ヒアルロン酸の効果と持続期間について

ほうれい線を消すことのできる、メスを使わないヒアルロン酸注射も人気があります。しかし一般的には半年程度で体に吸収されてしまい、戻ってしまうと言われています。

そんなヒアルロン酸の持続期間や効果についてチェックしてみましょう。

ヒアルロン酸には架橋型非架橋型というものがあります。架橋型は直線型のヒアルロン酸が架橋型構造になっているもので、特徴としては分解と吸収がとても緩やかなタイプです。

そのためしっかり長期間吸収されずに効果を維持できるタイプです。

それに比べて非架橋型のヒアルロン酸は分解、吸収がとても早いので持続期間は短くなります

しかし保水効果が高いというメリットがあり、現在ほとんどは非架橋型のヒアルロン酸が使われているようです。

ヒアルロン酸の分解、吸収にも個人差があり、普通のヒアルロン酸では約半年程度で効果が落ちてくるとも言われていますが、いわゆる



と言われています。他にも長期持続型ヒアルロン酸なら1年程度の持続が期待できるとのこと。

このように同じ非架橋型ヒアルロン酸でも効果維持期間の違いがあり、もちろん価格もそれによって違ってきます。

しかしヒアルロン酸使用の口コミによると早い人は数週間~3カ月で吸収されてしまうようです。

一応一般のヒアルロン酸でも半年から1年の持続が可能と言われていますが、もちろん個人差があるという但書がついています。現実にはせいぜい半年と考えておいた方が良いようです。


ほうれい線と様々な用途のヒアルロン酸

ヒアルロン酸商品も廃りませんね。コラーゲンと同様にサプリや化粧品に含まれた物が長く市場に出回っているのですから効果があるんでしょうね。

廃らない栄養素とは、きっと人体由来の成分のものでしょうね。コラーゲンもヒアルロン酸も人体にあるのですから、飲むにしても塗るにしても、はたまた直接体内へ注入するなど用途は様々です。

ほうれい線予防に特化したサプリメント

ヒアルロン酸とほうれい線ケアはとても密接なようですが、実のところはヒアルロン酸注射くらいしか「これだ!」という効果はありません

そして、注射といってもそれがコラーゲンでも効果は同じで、とりわけヒアルロン酸が良い…という事ではないようです。

ヒアルロン酸は確かに人体にあるものですが、世間一般で知られるほどの摂取や増量、美容効果は期待できないそうです。

できたとしても、それはコラーゲン同様に注射によって一箇所一箇所小さい範囲でしかできず、半永久ではなく個人差はありますが時間がくれば吸収されてしまいます。

では、世間一般で知られるヒアルロン酸の効果とは?といえば、エステ関係者でさえ曖昧なものです。

さらにはヒアルロン酸と名のつく商品があれば、いかにヒアルロン酸が配合されているのだから、これが美肌を司るかのように謳い勧めます。

こういった情報が世間一般の認識になるのです。あながち効果は嘘ではないにしろ、押し過ぎですね

ヒアルロン酸とは体内の至る所にあり、関節の動きをスムーズにするために軟骨にも含まれているし、目が乾かないよう眼球のガラス体というところにも多く含まれています。

表皮や真皮、髪、爪、脳にもヒアルロン酸は存在しています。

保水作用の他にも血管の働きを助けますし、外傷の修復にも効果を発揮するのですから美容効果はあって当たり前ですね。

だからと言ってヒアルロン酸を塗る、サプリメントで補うといった手法は他の栄養成分と変わらないのです。

例えば、コラーゲンもそうです。流行りというか、よく聞くからといってひとつにこだわる傾向にありますね。

ヒアルロン酸にこだわるのならビタミン、カルシウム、マグネシウム、ミネラルと全体的にバランス良く摂取して体内の保水性を高めれば良いのではないでしょうか。

ヒアルロン酸だってサプリメントで補ったとしてもどのくらい有効な形で吸収されているのかはまだ分かっていませんし、「コラーゲンと一緒に摂ると効果的と言われている」程度なのです。

ほうれい線予防に特化したサプリメント

言われている…言っただけ?曖昧ですね。ヒアルロン酸に関しては、肌に馴染んで長時間潤ってくれるヒアルロン酸配合の基礎化粧品を使用したり、ほうれい線に直接ヒアルロン酸注射をするなら「効果有り」という事でしょうか。


ほうれい線・ヒアルロン酸注射の副作用

ほうれい線の改善にはヒアルロン酸注射は、とても向いていると言われています。

そして今のヒアルロン酸はアレルギーもほとんど起きない薬品から作られたものです。

そのためヒアルロン酸の副作用というものはあまりないと言えます。

ヒアルロン酸注射のヒアルロン酸はN-アセチルグルコサミングルクロン酸との結合糖というものです。

わたしたちの体の中でもヒアルロン酸は生成されるもので、特に眼球の硝子体の成分としても存在しています。

また関節や軟骨にも存在しているもので、水分を保つ機能もあり肌プルプル成分でもあるのです。

最近では小じわやほうれい線、その他にも涙袋などにも使われています。これだけ多くの人が使ってもアレルギーなどで副作用を感じる人は本当に少ないため、アレルギーテストを行うこともないようです。

しかし一番の問題は



ということと、医師の腕ということになります。

これらはヒアルロン酸の副作用ではなく、ヒアルロン酸を施術する側の人災とも言えそうです。

それによってボコボコになったりかぶれたり、アレルギーが出るということもあります。特に海外で施術をするなら



またヒアルロン酸を入れすぎて壊死するということも現実に起こっています。もちろんこれもヒアルロン酸の副作用より技術の問題ですが、使い過ぎると危険だということは副作用にもつながるかも知れません。


ヒアルロン酸の失敗

プチ整形として人気なのがヒアルロン酸注射です。手軽にできるとして、ほうれい線への注射も多く行われています。

ヒアルロン酸注射は、シワの付いた肌へ直接ヒアルロン酸を入れるのですが、ヒアルロン酸自体人体にある物で、真皮の中はコラーゲンで支えられていて、支えるコラーゲンをエラスチンが繋ぎ合わせてしっかりとした骨組みを作っています。これらの周りがヒアルロン酸なのです。

注射するヒアルロン酸は人工的に作られた物ですが、以前はトリ由来のヒアルロン酸を用いていましたが、現在は非動物由来の物が主流となり、ごく少量ですが不純物も入っているためアレルギーテストが必要です。

プチであろうと整形ですから、誰もが失敗というものを恐るとは思います。

しかし、ヒアルロン酸注射でのアレルギーのはあまり起こるものではなく、多い失敗というのは効果かなかったとか、内出血がしばらく引かなかったとか、良いスポットに注入されずにズレていて笑うと不自然に注射した箇所が盛り上がると言ったところです。

ヒアルロン酸は体内に吸収されるので、速効性に優れていますが効果の持続は人それぞれであり、



安いクリニックで注射したら、効果があったのは一週間だけとか、ちょっと笑い話レベルのように見えますが、やはり高品質の物で、種類も選べて量も設定できるクリニックにかかった方が失敗はなさそうですね。

そして、よく口コミで見る不自然な盛り上がりですが、大体の例は医師の技術不足も関係しているんですね。

注入する深さが足りなかったとか、肝心のシワの脇だったりと、体内に吸収される物質なのでそのうち消えるまで何とかやり過ごすか、分解の注射をするのだそうです。

ヒアルロン酸注射をするために麻酔注射も打つのに、また分解の注射の前に麻酔注射となるわけです。これは精神的に負担ですね。どうあれ、取り返しはつくということでしょうか。

しかし、中には怖い失敗例もあるから手軽に出来るとは限りません

ヒアルロン酸を注入する真皮にも血管が通っていますが、謂わば不自然な物がギュッと割って入って来たことで血管が切れる事もあります。

内出血程度ならよくあるようですが、ヒアルロン酸が体内に吸収された後も内出血だけが残るというケースがあります。よく傷跡でも有りますね。

血管が浮いて見えるように赤くなった傷跡。浮いて見える血管でも嫌ですが、しこりが出来ることも。これは傷付いた組織にコラーゲンが固まってしまうのです。

ニキビ跡でもありますが、化粧品でカバー出来る生易しいものではありません。それらが顔に残るとなるという失敗例もあるのです。


ほうれい線・ヒアルロン酸注射の失敗

整形には失敗がないものはありません。ヒアルロン酸注射はメスを使わないこともあり、安全だと言われています。

それでもヒアルロン酸注射の失敗は断つことはないようです。それによってリスクも納得した上でヒアルロン酸注射を選択するといいのではないでしょうか。

まずヒアルロン酸の副作用について知っておきましょう。今まではしわに対して美容クリニックではコラーゲン注射が行われていましたがコラーゲンはタンパク質の一種であり、どうしてもアレルギーを起こしやすいものでした。

その点ヒアルロン酸はアセチルグルコサミンとグルクロン酸の結合糖のため、



と言われています。

純度の高いヒアルロン酸を使用すれば副作用の心配はありません。ただし細い針ではなかなか入りにくいため、どうしても痛みを伴うので、ヒアルロン酸の注射のための麻酔を行うこともあります。

また不純物の含まれたヒアルロン酸を使っているクリニックは避けるようにしなければなりません。信頼のおけるクリニックを利用しましょう。

ヒアルロン酸には濃度、硬さ、粘度などが違う薬剤があり、それぞれの部分によって医師が選んでデザインしていきます

しかし医師の度量が不足していると、使う肌質や部分とヒアルロン酸のタイプが合わないということも。それによってしこりになったり、すぐに吸収されてしまったりという失敗にもつながります。

またヒアルロン酸が安全なのは体の成分と同様であり、自然に吸収されていくことが当然です。しかし長く保つということを売りにしているクリニックもあり、その場合は



なのです。そのため長期効果が持続するというもの自体、安全性が問われるということも知っておきましょう。

またヒアルロン酸注射はほうれい線の治療にはとても向いている方法です。小鼻の脇から溝に従って注射していきます。

ただし小鼻に通っている動脈に注射をしないことだけは、絶対に注意すべきことです。

ヒアルロン酸を動脈に注射してしまい、鼻が壊死したというトラブルも現実に起こっています

これはヒアルロン酸の副作用とは違い、施術した医師の失敗ということになります。このようにヒアルロン酸自体は安全でも、医師の度量による失敗もあることを覚えておきましょう。


ヒアルロン酸を使用する名医は?

メスを使用せずリスクも少なく数分の施術で割と気軽に行えるヒアルロン酸注入ですが、リスクが少ないとは言っても危険がまったく無いわけではありません。

ヒアルロン酸にも質があり、質の高いヒアルロン酸を使用し、しっかりした技術を持っている医師を選びたいものです

また手術よりは危険や失敗のリスクは少ないものの、やはりどのようなリスクがあるかをきちんと説明してくれる医師がおすすめです。

中には痛みや腫れなどが出る場合もあり、注入したところにシコリや凸凹、他にもバランスが悪いということもあります

これらは特に医師の未熟な技術によって、必要量以上に注入したときに起こると言われているのです。

またこれも医師の技術の問題により、血管に注入して詰まらせてしまうと、その部分が壊死してしまう恐ろしいリスクもあるのです。

このように名医とは、しっかりとした知識と技術を持った上、いろいろなリスクをきちんと説明をしてくれる医師のことを言います。

ただ価格を落とし、薄利多売のような経営を行い、技術も未熟な医師もいるので注意しましょう。

 

 

  

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)